心と体

エコでエコな寒さ対策♪テレビで見た話

昨朝の日テレ番組ZIPのコーナーで
1、ココアと鍋物はどちらが身体が温まるのか
2、ヒート●●な服は上半身と下半身、どちらに着るのが温かさをキープできるのか
がテーマでした。
寒がりな私には興味津々なテーマ!!
1も2も20歳くらいの男女 が実験台となってサーモカメラで変化を見て、本人達の意見を聞いてみる…というもの。

1は即効性があるのがココアで後からじわじわくるのが鍋物。
ココアは消化吸収が速いから温まるのも速いのだそうです。

2は上半身と下半身にそれぞれヒート●●を着た男女4人が10分運動して身体の冷え具合を観察した結果、
下半身に着こんでいた男女の方が温かさを維持していました!
下半身に筋肉が多く集まっているかららしいですよ〜。

うーん!興味深い!!

これから寒くなる季節だしこの実験結果は参考になりますね(*^_^*)
冬を温かくエコノミーでエコロジーに乗りきろう〜(^o^)/

| | コメント (0)

注射値上がり・・・(-_-;)

花粉症デビューして5~6年経ちました。症状が年々悪化してきている気がします。

ここ数年は我慢できずに1月に入るとすぐにブロック注射をしています。しないと涙目、鼻タレ、頭痛、胃痛。。。本当に辛いです。

いつも会社のすぐそばの診療所でブロック注射をしてもらいます。気持ち割引なんかしてもらったり(*^_^*)

今年もチョッピリ割引してもらいましたが・・・それでも9450円しちゃいました!高っ!

1シーズン2回注射しているので、次もまた約1万円。。。昨年は1回7500円くらいだったから。。。うーーーーん、高いよね。1回で効果出れば1回で止めておくべきか。。。迷うなぁ。

| | コメント (0)

ヘバーデン結節の従姉…2年半後

とっても久しぶりに書きます。

でも忙しいのでちょっとだけつぶやくみたいに。。。

ヘバーデン結節の従姉の話。だいぶ良くなったみたいです。

最近では薬を飲まなくても大丈夫なくらいまで。イキナリ止めるのは心配だから少しずつ減らしているそうです。

痛みや変形に苦しんでいる皆さんも1日でも早く回復されますように。。。(祈)

ちなみに、前回書いた時、薬の製造工場が被災して薬が手に入らなくなった・・・と書きましたが、今は稼動しているのか?手に入るそうです。工場再開も薬の入手もできて良かった良かった!なんでそんなこと知っているか?私の義母もヘバーデン結節で、今年から通院しているからです。ヘバーデン結節の義母の情報でした。

「私の部屋・ヘバーデン結節の従姉」シリーズは「カテゴリー」を「ヘバーデン結節」にするとまとめて読むことができます。

| | コメント (0)

私 石灰沈着性腱板炎になった(泣)

昨年の10月に突然右肩に痛みが

ずっと四十肩だって思ってた。足の怪我から復活して再開したテニス、コートの予約が取れなくて数ヶ月運動してなかったから。でGREEばっかりやっていたツケが来たと思ってた。

マッサージしても、鍛えなおしてもなかなか回復しない。

痛くなった時から後ろに腕を回せなくなり、背中を洗うのもひと苦労

全然回復しないから1月に会社近くの整形外科へ。

先生は注射してくれて

「これでダメだったらまた1ヵ月後注射しに来てね」って。

やっぱりダメだったから2月にもう一度注射してもらったけど全然だからもう行くの止めちゃった。

春くらいからもっと痛み増してきた痛いでも別の病院に行くタイミングが合わず。土曜日は毎週やってるわけじゃないし、私この数ヶ月土曜日しょっちゅう会社行ってた。

7月後半に入って平日休む機会が取れてやっと自宅近くの病院へ。問診表書いたりレントゲン撮ったり。

レントゲン見た結果は「石灰沈着性腱板炎」だった。肩に白い丸い影。5ミリ以上の大きさあった

先生は「注射や薬したい?ステロイドだよ」って聞いてくれて

私は「副作用がイヤだからできれば避けたい。ステロイドってどんな副作用あるのですか?」

先生「胃腸が痛くなるかも」

私「それならやっぱりイヤです。私胃腸弱いから」

時間かかるけど理学療法で治すことにしました。すぐには治らないって・・・。薬は湿布だけ。毎日痛い。。。

7月から硬度300の海洋深層水を止めて蒸留水を飲むことにしました。それからしばらくしたら腕が少し上がるようになりましたまだ痛みは取れないけど

早く回復するといいなぁ・・・。とりあえず近況報告でした

| | コメント (0)

母が頭の手術をうけました

母の頭痛の話。

先日のご報告で母が手術をすることになったことを書きましたが、先週入院して、この月曜日に手術をしました。

現在は意識はあるのですが、寝たきりになっています

月曜日から昨日、水曜日まで会社を休んで付き添っていましたが、今日はどうしてもやらなくてはならない仕事があって会社に来ています。自分も自宅療養中の期間も木曜日は会社に来ていたくらいですから。

母の病気は頭の中のラトケに膿が溜まって、それが偏頭痛の原因になっていると診断されました。「ラトケ嚢胞(のうほう)」っていうそうです。健常者でも3人に1人はあるけれど、日常生活に支障が出なかったりして一生そのまま問題ない状態の人が多いそうです。母の場合、それがひどく症状に出てしまい、近頃では視神経にも触れてきている状況だったらしく。。。血圧もひどい時には200以上になって健康の不安が・・・ね。

母はまだ入院中。食事もひとりじゃ出来ないし、あんな管、こんな管つけられちゃっています。今日は私が昼間居ないから不安だって言ってました。早く仕事を終わらせて行ってあげようと思っています。

皆さんにご心配おかけしてすみません。

| | コメント (1)

母の偏頭痛…号外?

母、6月に手術することになったんです。。。

「頭痛や、頭痛が引き起こしているだろう高血圧のために毎日薬を飲んでいるのは大変ですよね」・・・って先生が。

| | コメント (0)

母の偏頭痛〜その1

ここ数年、母は偏頭痛で寝込むことがよくあります。13年前、私がまだ実家にいた頃はそんなこと無かったんです。

あまりに頭痛がひどくて救急車で運ばれたり、入院して精密検査したこともあります。
その時の検査結果では「下垂体卒中」って診断されたけど手術はしませんでした。

検査入院してから2年?3年?が経ちました。あれからも定期的に検査をし経過観察をして薬を出してもらっています。

父が昨初冬に癌で亡くなりました。母の偏頭痛はいまだに続いています。いつも母を見ていてくれる人がいなくなって心配です。
色々と手続きが終わって落ち着いた頃から偏頭痛がますますひどくなったようです。

1月末のある日、母も不安になったようで、テレビで見たスーパードクターを訪ねたい…と言い出しました。偏頭痛のスーパードクターは汐留にいるそうです。私に「スーパードクターの病院を調べて」って。

調べてあげました。「汐留シティセンターセントラルクリニックの清水ドクター」
初診は週3回。
偏頭痛外来の初診は1日10人、難聴外来の初診は5人限定で予約不可、診察時間は朝9時から。
母には朝早めに行くように伝えました。

でもどのくらい早く行けば良いのか?
もっと調べてみました。

すると病院が入っているビルのオープンは朝7時、それと同時に入らないといけないらしい!
ええーっ
さすがスーパードクター10分遅れたら10人超えてアウトらしい

病院はビルの3階。ビルの入口は1階かB1階。都会のオフィスビルに不慣れな母が1人行って10番以内に入れるかしら?朝7時に着くように行って空振りしたら残念過ぎる

母だけでは心配だから私も行ってあげることに。
私は水曜日の午前中に立川で足の病院にかかる日だったのでギリギリまで母に付き合うことにしました。

朝6時35分に新橋駅に到着。
汐留シティセンタービルの下に着いてビックリ
もう3人並んで待っていました
でもそこは地下1階。1階の入口からの方が3階には近いはず。
3階にスムーズにつながるエスカレーターに近い入口を私は探すことに。母はそのまま4番手で待たせておきました。

ビルの入口はどこもまだ開いてなく、私はビルの周りを回ってみました。すると中のエスカレーターは動いているし、中を歩いている人が2人もいました。入館証を持っているサラリーマンみたい。
「でも絶対にどこか開いている!!」
…と信じて歩き続けてみると…開いてる
自動ドアが開いてエスカレーターで2階へさらに上に行くエスカレーターを探して3階に着きました
クリニックを探して到着7時前なのにもう10人くらい待ってるでもギリギリ10番以内。中には難聴外来の人もいてセーフ

7時にはもう20人、7時半には60人以上、8時には数えきれないくらいの人が並びました。

8時半頃に病院のスタッフが待っている人を順番に中に入れて問診票を手渡してくれました。
人数制限は10人、15人っていうことはなかったけどその日は50人くらいで切られて「あとの方はお帰り下さい」って言われていました。

診察は予定より早く8時45分くらいから始まりました。
診察は1人2〜3分!
「●●さんお入りください。▲▲さん■■さん前でお待ち下さい。」
次に診察される人はの前に貼り付いて立って待ちます。
一瞬たりとも時間をムダにしない清水先生の姿勢が患者さんにも伝わるのか?皆さんの前に並びます。

…私が分かるのはここまで。自分の足の診察を受けるために母へのお付き合いは終わりにして立川へ戻りました。
でも「母の偏頭痛」まだ続きを書く予定です。

| | コメント (0)

リハビリ第2段始まり

リハビリ第2段始まり
今週の水曜日、病院に行って来ました。
手術をして1ヶ月半、手術の為に切った靭帯もつながっているはず…と先生は言いました。

でもね、手術して切った傷跡の周りが腫れているんです何かがほんの少し触れるだけでも痛いの
先生に言ってみました。

すると先生は傷の周りをギューギュー圧したりひねったりして
「痛い?これは?」
尋ねました。
「痛い!!」「それは痛くない」

手術の傷跡はヒキツレを起こし、他の周りの皮膚と違って全然動かない
これは外科手術にはつきものの「手術後の癒着」というもので、表皮と皮膚の下のいわゆる「皮下組織」が癒着してしまった状態なのだそうです。
「どうしたらいいの?」
と尋ねると、
「自分で表皮をスライドさせて動くように根気よくマッサージしてください。この傷で血管が遮断されているからこの周りが血が通らなくて腫れているんですよ。ふくらはぎの筋肉が落ちているのも影響しているので、筋肉が付けばまた腫れも少しは改善しますよ

「靭帯もつながっているはずだから、少しずつ荷重をしてみましょう自分の体重の3分の1を掛ける練習をしてください。手に負担が掛かりますからまだ会社は休んでいてくださいね。」

…というわけで、左足のかかとに体重を乗せるリハビリ開始
でもまだかかとの肉が無いから体重乗せられない!!

今日、…と言っても日付が変わってしまったので昨日ですが、久しぶりに左足に靴を履かせてみました!
ナント!!靴を履くのに30分以上かかって悪戦苦闘
装具をしてからは靴を履けない!
装具とセットで購入した靴は傷口に触って痛い!
靴を履くとかかとが硬くて痛い!かかとの肉が無いの
靴を履いて装具を着けると家に帰宅してからは靴を履かないから…
…結構面倒くさい

今日は装具を着けたまま10%くらい体重をかけてみました。かかとの部分にはプチプチを敷きました。

慣れなくて歩くの大変
でもリハビリ第2段、頑張ります傷跡の癒着のマッサージも頑張ります
もうしばらく会社は休むけど…。有休も使い果たしてしまい、来週から3月いっぱいは「欠勤」です(涙)

| | コメント (0)

西国立で…皮膚科

今日は西国立の病院に行って来ました。午前中に皮膚科、午後に装具外来。

先月入院していた時、病室があまりに乾燥していて湿疹が悪化。持参していた塗り薬も効かず、その病院内の皮膚科で薬を出してもらうようにお願いしたら「診察してから」って。

お尻の赤くて丸い湿疹、 私は「貨幣状湿疹」かと思いこんでいたらそこの病院の先生は「環状紅斑」と言いますって

「行きつけの皮膚科では『慢性湿疹』と言われたのですが…。」

と先生に行ってみたところ

「それは採血などして言われたのですか?皮膚を削って顕微鏡で見ただけでしょう?真菌などはいないのかもしれませんけど、膠原病でも湿疹しか出ないものだってあるんですよ。それなのに血液検査もしないで慢性湿疹と言ったのですか?」

「そうです

「まあ、ここでは血液検査もできますが、結果が出るのに少し時間がかかります。入院中には結果は出ませんが、検査しますか?」

そこまで言われて「検査しません」って答える人いないでしょ?もちろん「お願いします」って言いました。そして今日 検査結果を聞いてきました。

結果は膠原病の反応はありませんでしたって。ホッとしました。でも湿疹の原因はわかりませんって。なんだ、結局は慢性湿疹なんじゃない

今日は検査結果を聞くだけだから安いに違いない…と思っていたら、予想外にも1,050円もしました。どうして?会計窓口で尋ねてみると「会計マシンの隣にあるご案内をお読み下さい」って、答えもしない。

案内には「当院は特定機能病院のため再診でも保険外併用療養費840円がかかります」だって。
検査結果聞くだけで?!ちょっとムカつきました。私の行きつけの皮膚科の先生を「おかしい」扱いするわ、入院してたから仕方なくかかった皮膚科で検査して結果を聞くのに840円も余計にとられるわ。
もうここの皮膚科になんか来ないよーだ!!

| | コメント (0)

ヘバーデン結節の従姉…1 年9ヶ月後

久しぶりに「ヘバーデン結節の従姉」続編を書きます。ヘバーデン結節に苦しんでいる方々が予想以上に多いので、その皆さんの参考になればいいな…と思っています。

今日は久しぶりにヘバーデン結節の従姉とおしゃべりしました。私の実家に泊まり掛けで遊びに来ていたからです。手を見せてもらい、指の痛みの状態を尋ねてみました。

ヘバーデン結節の従姉が東京の病院で最初に診てもらったのは2008年3月末、あれから1年9ヶ月が経ちました。
従姉はあれ以来ずっと大森の整形外科で処方された薬を飲んでいます。最初は痛くてコーヒーカップも持てなかったし、髪を洗うのも苦痛で大変だったそうですが、今は何でもないことだそうです。

つい先月の話。状態がかなり良かったので薬が切れてしまったけど「大丈夫かな」…と思って病院に行かなかったそうです。そうしたらまた痛みがぶり返してしまい、慌てて病院に行って薬を出してもらい服用し、そうしたらまた痛みは退いたそうです。まだ薬を止める段階ではなかった…ということですね。

見せてもらった指もまだ小指の第一関節から先は薬指に向かって曲がっていました。大森のお医者様のHPを拝見した時から私は思っていましたが従姉の曲がった小指はこれ以上は良くならないのではないか…と。
でもこれは私の素人考えですから!従姉ももう少し真面目に通院すればいいのですが家が秋田県で遠いのでめったに来ないのですよ。

でも諦めないで!!私も諦めないから!!
時間はかかるかもしれないけれど気長に一緒に頑張りましょうね!
皆さんも一緒に頑張りましょう!私、応援しますから!
o(^o^)o

「私の部屋・ヘバーデン結節の従姉」シリーズは「カテゴリー」を「ヘバーデン結節」にするとまとめて読むことができます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧